金の死体、銀の死体

前回の日記から1年以上が経過しているのはおそらく気のせいだとは思うのですが、世の中はやれオリンピックだ、シン・ゴジラだ、やはり今でも最高のAVは「宅配痴女」シリーズだ、などと騒いでおり、でも今年の健康診断で中性脂肪の数値が過去最高を記録したわ…

BOYS BE…みたいな恋に憧れてたあの頃の僕らは

金曜日、わたしは「ワルキューレの騎行」で目覚めました。藤原喜明さんの入場テーマ曲でおなじみのあれですけど、わたしにとっては会社から支給されている携帯電話が着信した時に奏でるメロディでしかなく、しぶしぶ通話ボタンを押すと「…何しとんの?」と上…

賞与が出ればパスタ屋のテーブルは揺れる

週明けの会議で配布する資料をチェックする前に軽く充電しておこうとiPhoneを取り出し、アルバムから「世界遺産」フォルダを開いて浴衣姿で照れながらピースするゆり子さんの写真に話しかけていると、「ええ年して彼女できたぐらいで浮き足立って、見ててし…

小さな恋のメロディ

ここだけの話、ゆり子さんのことはまだ秘密なのです。ひみつのユリコちゃん、オールカラーで脳内絶賛連載中です。ゆり子さんとはわたしがおつきあいしている女性のことであり、つまり石田ゆり子さんとは無関係なわけですが、CCC(Chokusetsu Chissu Complete…

感触は永遠

意外に思われるかもしれませんが、会社には遅刻するほうです。目が覚めてなにげにテレビの電源を入れると南原さんがちらっと見えて、おや?ああ、これは確か…アサナンデス…と胸を撫でおろしたこともありました。でもゆり子さんとのデートにはいまだ遅刻した…

同じ景色を見たいんだ

残業中に「明日は休日出勤しなくてもだいじょうぶそうですか?(したら許さん!)」と書かれたゆり子さんからのメールを見ながら、土日はあなたの隣に皆勤賞ですよ…!と鼻息でそこらじゅうの書類を吹き飛ばしてたら後輩が話しかけてきました。ゆり子さんとは…

左手を添えるだけ

手をつなごうとしたら脇腹ぐりぐりの刑に処されたわたしのその後の有様について頼まれてもないのに報告させていただきますが、月日が経つのは早いもので、ゆり子さんとはじめて会ってから1ヶ月半が過ぎました。ゆり子さんとはわたしがお慕いしている女性のこ…

地震 、雷、火事、オカン

子供の頃に「おまえの母ちゃんデベソ~」とふざけて言ったわたしの友達を家に呼び、精神攻撃を延々と浴びせ続けて泣かすぐらいには常軌を逸している部分がある母から、朝ごはんを食べていると「お母さんな、大腸の検査してもらいに行かなあかんねん」と不意…

ダンスがうまく踊れない

ゆり子さんを食事に誘いました。ゆり子さんとはわたしが想いを寄せている女の人のことであり、石田ゆり子さんとは無関係です。「医師たちの恋愛事情」とかいう名前のドラマは一秒たりとも見ていませんが、斉藤工さんが所有するすべての靴下が片方だけなくな…

ブログと呼ばないで

意外に思われるかもしれませんが、裸エプロンはあまり好きではありません。ただし生裸エプロンはどうしようもなく好き。スポーツ見るのはそんなに好きじゃないけど自分で身体を動かすのは好き。そんな感覚かもしれません。でも実際のところ裸エプロンを見て…

フランク・クラウザーさんの声が聴こえた日の話

昨日の話になりますが、仕事を終えて帰宅すると居間のテーブルにメモ書きが置いてあり、父と母が山陰方面の温泉地へ旅立ったことに読むまでもなく気づきました。二泊するとのことでした。田中家ではよくあることです。 近所の中華料理屋へ行き、異様な重さの…

ポエミイ

(mmから移植してお茶を濁すコーナーの最終回です) 会社を やめたい ただ やめたい ひたすら やめたい なんとなく やめたい とめどなく やめたい さりげなく やめたい 縦ノリで やめたい 見違えるように やめたい まがりなりにも やめたい 晴れときどき や…

アキ100に参加しました

経過としては、9月の終わりから始めたので、だいたい1日2本ペースでこなしていきました。もちろん毎日きっちり2本ずつというわけではなく、漫画を読みながら黙々と10本という日もあれば、びたいちなしという日もありました。なぜならたくさんこなした日には…

日本語が亡びたとき

豚なりに悪足掻こうぜ、と仕事の合間に飲み続けている杜仲茶の買い置きが切れるやいなや、職場から家へ電話をかけました。お昼前だし母はまだ、スーパーマルアイへ買い物には行ってないはず。あわよくばついでによろしくね、そう思いつつ。「はいもしもし、…

青春の1テラバイト

外付けHDDが壊れていることに気づいて失禁しました。ユーモラスっぽく書くと、おーもらす。超かわいい。念のため書いておきますが、僕は大沢佑香さんや紅音ほたるさんらみたいな感じには漏らしていません。あくまでほんのり程度。だって彼女らのおもらし(潮…

書かぬなら、殺してしまえと言わないで

今回こそは、と思いましたがやっぱり無理でした。無常なまでに時間だけが淡々と過ぎてゆき、指先には何の感触もありませんでした。デーデーデデー、デッデデッデデデデー。時間切れです。ふりだしに戻ります。また最初からやり直し、終わりなきループ、あっ…

知らぬがフラワー

これまでにバトンを貰ったり脳内バトン検索に引っ掛かった人たちに回しておきます。 9ヶ月間も放ったらかしてたなんて。でも忘れていたわけではありません。バトンとは何ぞやというのをずうっと考えていました。そもそも何が知りたいのか、むしろそれを知り…

妖怪子無し爺

ハンバーグカレーはおいしい。バーグカレーと一部の食通の間では呼ばれていませんが、ほとんど奇跡に近い組み合わせといえます。だってそれぞれが成立しているがゆえにそれらを安易にくっつけてしまうと、どちらかが主張しすぎたり、お互いの長所を殺し合っ…

シンガー田中(8曲目)

「僕なりのらいおんハート」 作詞 僕 作曲 あなた 仕事さぼるため そのために生まれてきたんだ (課長が)あきれるほどに そうさ 家にいてあげる ぬめった横顔 狂えるこの人 サンジュウゴー 休暇と欠勤の間で揺れ動きながら歌ってください。

妖怪かわかぶり

「早漏」とされる男性はホルモンの1種である「セロトニン」を制御する遺伝子に変容があることが明らかになったそうです。セロトニンは絶頂に達する速度をコントロールする働きを持っており、この遺伝子を持つ男性は脳の絶頂をコントロールする部位でセロトニ…

仔牛力ビーム

フェラチオしない女子がこの世にいるって聞いて 全早連(全日本早漏連合)を統べる者として一言だけお伝えしておきたいのです。そのようなことをしてほしくない男子とて実はこの世にいるのですよと。それはもちろん我々だということを。お気持ちはありがたい…

栽培ブギ

ほっとけないよお、と頭の中の楠瀬誠志郎さんが突然歌いはじめたので、仕事中だろ!ほっといてくれ!と注意してはみたものの、だんだん放っておけなくなって、居ても立ってもいられなくなって、煮ても焼いても食えなくなって、やがて彼のために新しい名前を…

ガトガトガトームソン

昨日は日がなジュゴン先輩と呼ばれていました。お昼休みに仮眠室で寝転がっていただけの僕に落ち度はありません。でもかろうじて哺乳類ではありました。あまつさえ絶滅危惧種でした。だとしたら保護してくれるのは誰なのか。わたし待つわ。いつまでも待つわ…

ふつうの日記

「マクロスF」と「ブラスレイター」が終わったことによる心の隙間をポテトチップスで埋めようとムシャムシャしてみたものの、無理でした。おいしいだけでした。また無駄なカロリーを取ってしまった…と石川五ェ門のフリをしながら短いほうかつ鞘がどうしても…

しりまんと!

「よう、マイト。また会ったな。四連休は楽しんだかい?えっ、それは俺だけってか。ワッハハハ、ズル休みは楽しいなあマイト。まあ、小さいことは気にするな。俺のパトリオットも小さいが、気にはしていない。絶対に、完璧にだ。用を足すだけならこのサイズ…

終わらない歌を口ずさむように

生まれも育ちも昭和の人間なので、今日はお墓参りに行きました。悪そうなヤツは、だいたい赤の他人です。母方のほうのお墓は神戸にあり、父方のお墓はこりん星にあります。車だと2時間半もあれば、両方回れます。まず高速道路を利用して神戸までひとっ飛びし…

牡牛座35歳Don't be late

愛おぼえていますか?と聞かれるたび、おぼえていますと答えてきました。かつて見たミンメイ・アタックはそれほどの衝撃を私に与えました。ゼントラーディ人の血が流れていたとしてもおかしくないくらいの。そういやチャリに自作で髑髏のマーキングを施した…

ベステンダンクの謎を追え

深夜にふと目が覚めるとだいたい、「ベステンダンク」という言葉が頭の中をぐるぐるしてゆきます。ああ、またか…となります。ずいぶん昔に流行った曲でこの単語を耳にしてから、意味がわからないままおっさんになりました。おっさん桃色の単語には無類の強さ…

夏休みの自由研究を発表するコーナー

「大人っぽい感じで」というのがお題だったので、私は今回、なんでもかんでも玉葱さん太郎呼ばわりしていくとやがてどうなるのか検証してみました。

カルビーの申し子と呼ばれて

今日も今日とて働く私。休憩時間にふらふらとコンビニへ行く私。雑誌コーナーにて、「THE ホスト・ヘア」なる雑誌が売ってるのを見かけました。いかにもホストっぽい髪型がぎょうさん載ってるヘアカタログ的なものではなく、これはホストのみなさんの陰毛特…

ほんとにあった怖い話

あれは確か、今年の6月末の出来事だと記憶している。空前絶後に仕事が忙しく、背後に迫りつつある納期の影に怯えながら徹夜を強いられていた我々は、そのうえ疲労のせいでなんだかおかしなテンションに成り果てた末、「もう死にそう」「俺も」「てゆうかこの…

シンガー田中(7曲目)

「ぼくらの距離」 作詞 僕 作曲 あなた 足りない 短い 満たされない 君には届かない 感じてよ この空気 気づいてよ この想い えづいてよ 演技でもいいから イラマチオのつもりが相手はさほど苦しそうな表情ではなかった時に歌ってください。泣きながら。 の…

みどりがしげろうとも、しげるはみどらない

今日も2袋のカルビーと残り3個のTENGAで日常の大部分が説明可能な僕にライフスタイルなどという高尚なフレーズを使うことがもし許されるならば、いわばちょっとした小太り感覚で日々の生活を送るようになってからもうどれだけの月日を経たことでしょうか。経…

奥さんのダライアス、すごく火照ってるよ

あけましておめでとうございます。でも自分は元旦からずっと働きホーダイだったから、そういうのはもういいです。給料は定額です。虎丸龍次クラスの猛者が集まって屁を放ち、そして屁を放つエアウンコの世界選手権が催されるのも時間の問題です。正月三ヶ日…

中年熟女漂流記

電車の座席をほんのりあったかくするの、正直なところありがた迷惑です。やめてください今すぐに。便座があったかくなるタイプの洋式便器、その温度と似ているせいで穴がヒクヒクするからです。うっかり居眠りなどしようものなら、開いてババの先っちょが顔…

twitter発言2007(リミックス)

twitter というのはなんかいろいろ言ったりするやつです。 小鹿さんに乗っかって、僕もtwitterでの発言を並べておきます。本当の自分を見てもらいたいからです。きれいな田中、その存在を証明したいのです。念のため畳んでおきますが、よろしくお願いします。

松崎しげるの辞書に「白々しい」の文字はない

先週の土日は東京におでかけしました。シロイさんと一条さんにお会いしました。新宿方面にて、両手に華でした。しおれてはいません。いないと言っておろうが。あと謎の人物が現れたりもしました。しりとり対決やらポケモンの名前当て対決を挑まれました。ふ…

純川夏っぽくいうと、しげる崎松

更新頻度とかそういうのはもう、心底うんざりしているし、もはや更新頻度そのものに愛想が尽きました。思考回路は永遠の中二なれど年齢的にはすでにベテランの域に達して久しいわけで、あまつさえ内臓的には再検査要ですから、徐々に出場機会を失いベンチを…

松崎シゲルの憂鬱

「色白の人間には興味はありません。ビーチバレーの選手、ボディビルダー、エディ・マーフィー、梅宮辰夫がいたらあたしのところに来なさい。以上!」みたいなライトノベルは、今のところまだ発売されてない。そして「分裂」以降もいまだ発売されてない。と…

松崎しげるの手のひらは何色だ!

寄付を募ってまで赤の他人のセックスパートナーを募集している不思議なブログを見かけました。出会い系サイトへのリンクをうっかりクリックしてしまったのではないかと早とちりして、慌ててブラウザを閉じました。もうやめて、田中の通帳残高は0よ!と泣き叫…

一寸先は闇、松崎しげるも闇

エキセントリックな人間を魅了するなにかがパチンコ屋にあるのか、それとも人間をエキセントリックに変貌させてゆくなにかがパチンコ屋にあるのか、あるいはダパンプの真ん中の帽子の中にはなにがあるのか、むしろなにもないのか、そこらへんはよくわからな…

松崎しげるは高橋開発ではないということ

永遠(とわ)の育ち盛りこと僕の、存在の耐えられない重さに耐えかねて、職場で使っている椅子が壊れたのは先月半ばのことでした。それからというもの、こっそり喫煙室から拝借してきた小ぶりな丸椅子に座りながらの仕事が続いたものですから、仕事以外のキ…

糞は常に我らと共に!

ずばり、それはウンコ賞。 大英図書館特殊工作部に所属するエージェントの1人であり、自在に紙を操る「紙使い」の中でも最強と謳われる「ザ・ペーパー」こと読子・リードマン、彼女が本をこよなく愛し、またそれゆえ本からも愛されているのはあまりにも有名…

肥満。をプロデュース

もしかすると自分の半径1クリックらへんだけなのかもしれませんが、Perfumeさんの人気たるや小太りを落とす勢いであり、そりゃあもうえげつがなさすぎて紅白出場すら夢ではなさげなのはひしひしと感じているわけであり、となると、三匹のうち誰が正児で誰が…

午後20時における世界の終わりの飲食店

食い入るように、という言葉では生ぬるいであろう眼差しで、大好物の警視庁24時的な特番を見ている母親によってぎゅっと握り締められたリモコンをもぎとった父親は、チャンネルを阪神vs横浜に変えた瞬間、すうっと表情を消し、「岡田を信用したおれがアホや…

四畳Haaaan!!!

(最初に書いておきますが、僕は、痔ではありません。医者曰く、「おしりかじり虫にかじられているだけ」とのことなので、ブームが過ぎれば治るはずです) 僕らが初めて会ったのは白木屋でしたが、白木屋といえばもちろん合コンでした。「下の名前で呼んでも…

ダルビッシュ師匠には負けるもんか

包茎なりに考えたのですが、この夏が終わるまでには走り出します。たとえ足元をすくわれようとも、病魔に巣食われようとも、五臓六腑に染み渡ろうとも絶対に、しばちゃんとチッスします。できれば2回、あわよくば3回。出会ってもうじき3ヶ月半、さすがにそろ…

なんにも気づけずに、なんにも築けずに

8月1日付で右から左に受け流されました。人事異動を告げる時のピカチョウは、レモンさえあればすぐにでもザテレビジョンの表紙を飾れるだろう笑みを浮かべていました。その笑みを僕は生涯忘れられそうにないだろうし、思い出さない夜はないだろうし、部下が…

しびれられくらげ

「今日は何の日か、知ってる?」 「…8月9日だから、うーん、野球拳の日とか?」 そんな答えが総務部女子(メガネ)から返ってきたので、いやらしいほうの意味でつっこみたくなりました。 僕たちのアナ・バナナ 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 20…

歩いて帰ろう

先週は月末ならびに夏期休暇直前スペシャルということで、マンディから満ちていました。第9話「残業、心、重ねて」みたいな。残業につぐ残業の果てに朝日を浴びた死にかけどもが、よだれを垂らしながら目の下に出来た隈の黒さを競う番組です。最終回を待たず…