素直になれなくて

根本はるみさんはどう見てもドテチンでしょう?じゃあ、例えば僕が悪魔の実を手に入れたとします。悪魔の実、熊ん子風にいうなら悪魔ん実。食べると特殊な能力を身につけることができるそうです。もしかしたら小指の先をタンスにぶつけにくくなるとか、そんなつまらない能力もあるかもしれませんが、得られる能力は実の種類によってさまざまです。全ての実に共通した特徴もあるそうです。食べるともれなくさよならオーシャンです。すなわちカナヅチになります。でも海に嫌われるぐらいならまだ。小倉優子さんに嫌われることを考えたらまだ。ああ、そうだ。おそろしく不味いということも忘れてはいけませんね。ウンコの味がするそうです。でも僕は今までウンコを食べる機会に恵まれませんでした。なのでどんな味だか想像がつきません。もしかすると椎茸やら人参よりはまだ美味なのかも…という期待を込めつつ、僕はその実を食べたとしましょう。もちろん念のため、食べた瞬間におちんちんがぎゅーん!と伸びるかもと思って、あらかじめブリーフを下ろしておきますよね。でも残念ながら、ぎゅーん!とはなりませんでした。「ゴムゴムの…おちんちん!」とはなりませんでした。だったらギアを入れてないのに長続きしないのはなぜ?という疑問はおいといて、悪魔の実を食べたひとが注意するべき点がひとつあります。更に他の能力も身につけようと欲張ってはいけません。2つめの実を食べたが最後、2匹の悪魔が大喧嘩をおっぱじめた挙句に身体が爆発!木っ端微塵に飛び散ってそこで試合終了ですよ。おぞましいですねえ。僕はまだ飛び散りたくはない。飛び散りたくはないんだ!だからメモ帳に「悪魔の実、ダメ!絶対!」と書き留めておくのがベター。下ろしたブリーフを上げるのはその後でも遅くはないのよ。


ではそろそろ本題へ。僕が食べたのはエコエコの実、そんな名前の実であったとしたら…。僕は先ほど上げたばかりのブリーフをかっこよく脱ぎ捨てる。そしてティッシュの箱を右足の指で掴んで引き寄せる。えっと、足の指を器用に動かせる能力とかではありませんのであしからず。次に上戸あいさんがいやらしいことをされるDVDを再生すると、テレビの画面では信じられない現象が。なんと、いやらしいことをされているのは上戸あいさんではなくて上戸彩さんだったのです。驚きながらも一仕事を終えた僕は、能田曜子さん、華島彩さん、安倍ちなつさんがそれぞれいやらしいことをされるDVDを、次々と再生しました。もちろん能田曜子さんは熊田曜子さんで、華島彩さんは高島彩さんで、安倍ちなつさんは安倍なつみさんでした。つまり芸能人の名前に似てるシリーズのいやらしいDVDを見ると、それが似ている似ていないにかかわらず、似ていることにされている芸能人そのひとがいやらしいことをされているように見える能力を、僕は身につけたのでした。使えないDVDを使えるDVDへと甦らせるという、地球にやさしい存在になりました。エコエコの実と呼ばれている理由はこれか!でもティッシュの使用量は飛躍的に増えるのでそれほどやさしくはなさそうな気がしますが…。いやむしろシコシコの実では?という疑問はまたおいといて、小倉ありすさんのいやらしいDVDを片手に、ゴクリ…と生唾を飲み込んでいる僕がいる。そらもう、ありすを優子にせざるをえませんよね、人として。震える指で再生ボタンを押しました。…1時間後。別にうまいこと言うつもりはありませんが、1時間経つのにおちんちんは立ちませんでした。そして停止ボタンを押す指もまた震えていました。でも今度は怒りと悲しみによるものでした。「ありすがありすのままでいやらしいことをされている事件」が起きてしまうとは…。現場は四畳半で、被害者は僕で、容疑者は小倉優子さんで、凶器はおねだりクリニック(宇宙企画)。では容疑者は何処へ?こりん星に逃亡したの?小倉ありすさんではだめなの?下の名前が似てないのがあれなの?憂子とかだったらよかったの?疑問がぐるぐると渦を巻いて、竜巻になって、カリフォルニア州に大被害をもたらして、携帯電話が鳴って、当然それはアーノルド州知事からでした。「ユーはありすが優子にならへんかったことに少しホッとしてるのとちがうか?それって、心のどっかでは、そないになるんを望んでへんかった。そういうことやろがい。めっさ好きな小倉優子さんが自分以外の男にやらしいことをされるて。しかもユーの尊敬しとる加藤鷹さんや島袋浩さんならまだええけど、他の、しょうもないもんをぶらさげた男優にやぞ。そんなん耐えられるんか?いや、そういう問題やあらへんがな。悪魔の力を身につけても魂まで売ったらあかん!ミーが言いたいのはそれだけやで…」と、だいたいそのようなことを英語でまくしたてられました。わたしのオシッコしてるとこ、見たい?と昔つきあっていた人に真顔で聞かれた時のような(実話です)、見たいけどやっぱり見たくないという複雑な気持ちをずばりと言い当てられて、心の中を覆っていた白濁色の霧が晴れていったような気がしました。サンキュー、と僕が言うと、「ええねん。ええねんで。でもどうせ、あのメスブタは濱口にがっつりやられてもうてるやろけどな!まさるなだけにまさぐられとる!(爆笑)」と、だいたいそのようなアメリカンジョークを返されて、電話は切れました。悪魔の実を食べて能力を身につけたところで結局こんなもんなのか。僕は自分の無力さを呪いました。部屋の隅に置いてるテレビだってそう。14型の画面は、とても小さい。まるで今の自分を表しているようで、とても悔しい。くそっ、くそっ。だから僕は、4th MEDIA(フォースメディア)対応の大型液晶テレビ欲しい!とはビタイチ思いませんが、4th MEDIA(フォースメディア)対応の大型液晶テレビのような、大きくて、優れた、素晴らしい人間になりたいと思いました。よろしくお願いします。

持ち歩き きのこ見極め図鑑

持ち歩き きのこ見極め図鑑

  • 作者: 大海淳
  • 出版社/メーカー: 大泉書店
  • 発売日: 2005/08
  • メディア: 単行本

広告を非表示にする