現金キャンペーン

2,800万円を5年分の光熱費だと言い張る政治家のおっさんがいるらしいと友達の友達の従兄弟から聞いたので、「この光熱費がすごい!2007」にノミネートしておきました。まあ、そんなものがあればの話はさておき僕はだらしがないせいか、テレビとか部屋の電気を点けっ放しのまんまで朝まで寝てしまうことがちょくちょくあります。それに気づくと母親は、目尻を11時5分の角度に攣り上がらせてキー!キー!と激怒します。寝ている僕の脇腹を蹴り上げたりもします。髪型を含めて、どう見ても天龍源一郎です。そんな田中家の光熱費がもし2,800万円だったとしたら、僕は半殺しどころかたぶん、4分の3殺しぐらいの目には遭わされるにちがいないわけで、想像するだけで鳥肌が立ち、あまつさえおちんちんの裏筋がぞわっとなった。それぐらいに、真偽のほどは定かではないにせよ、途方もないというかありえない金額です(ちなみにベネズエラ人のひとにもわかりやすく書いておくと、だいたい5億742万ボリバーぐらいを5年分の光熱費だと言い張る政治家のおっさんの話をしています)。思わず憤りを2億4,000万倍に膨れ上がらせながら僕は、「こんなところにこそ格差社会という言葉を実感できてしまう美しい国、ジャパン!」と叫んでしまいました。そんで別のところではまた、1,300万円の栄養費云々みたいなお話もあるようで。こっちは友達の友達の婚約者から聞いたのですが、てっきりフードファイター界隈の話だと思っていました。でも、どうやら野球界隈の話だそうで。びっくりした僕はまた思わず、「はてな栄養費欲しい!」と叫んでしまいました。はてなロディアとかそういうグッズは欲しくないのです。せめて食べられるものが欲しいのです。言うたもん勝ちですからね、こんなんは。

山羊王のテーマ

山羊王のテーマ

広告を非表示にする