読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の死体、銀の死体

前回の日記から1年以上が経過しているのはおそらく気のせいだとは思うのですが、世の中はやれオリンピックだ、シン・ゴジラだ、やはり今でも最高のAVは「宅配痴女」シリーズだ、などと騒いでおり、でも今年の健康診断で中性脂肪の数値が過去最高を記録したわたしにとってはあまり関係がありません。歯医者より先に行くべき病院があるのでは…と最近うっすら気づきはじめたところなので、もう少しお時間ください。

ところでお盆なので怖い話を書こうと思います。大人用のおむつの準備がまだの人は今すぐお願いします。恥ずかしいのは最初だけ。じきに慣れる。そしてクセになるので。

確かあれは第一次世界大戦が終わってすぐの、わたしがまだバリバリの仮性包茎だった頃、当時交際中の女性とニャンニャン中に自分でも予想しないタイミングでフィニッシュしてびくんびくんしてたら「えっ?」と声を漏らされて、瞬時に下半身から頭に血が上り、さっき出したものと同じくらい頭が真っ白になり、気がついたら号泣しながら彼女の首を絞めていました。今度はこっちが「えっ?」と声を出す番でした。慌てて手を離して心臓に顔を当ててみましたが、鼓動している感じはまったくありません。おそるおそる黒みがかった乳首をちょんと触ってみましたがやはり無反応。どうやら死んでいるようでした。

まじやべえ…と思ったわたしは冷たくなった彼女を納屋にあったブルーシートでくるみ、車のトランクに放り込んでからパンツを履き、夜になるのを待ちました。父と母が寝静まったのを確認してそっと家を抜け出し、車で某自然公園のハイキングコースへ向かいました。法定速度を守りながら慎重に運転すること40分、山頂付近の駐車場に到着し、辺りに誰もいないのを確認してからトランクから引きずり出した死体を抱きかかえ、えっちらおっちら歩きました。

汗だくになりながらなんとか池に辿り着きました。当然ながら罪の意識はありましたが、それよりも早く家に帰って録り貯めしたアニメを見なければ…HDDの空きが…という気持ちが勝り、GRANRODEO「Go For It!」を口ずさんで自分を励ましながら死体を下ろし、シートの中に手ごろな石を詰めました。いくつもいくつも詰めました。そしてコロコロ転がしました。やがてぼちゃんと音がして、ゆっくり水の中に沈んでいく彼女。何の意味もないとは思いますが、ただなんとなく手を合わせてその様子を見ていると、沈みきったと思いきや、突然ざわざわと水面が波打ちはじめました。何が起ころうとしているのかまったくわからず、ただ茫然としながら佇んでいると、池の中からヌポポポポという音とともに老人が現れました。おそらく80歳は越えているであろうその老人は全裸でした。はたしてその年齢とやせ細った身体からはおよそ考えられないほどの力強くそそり立ったおちんちんが月の光にぼんやり照らされていました。この異常な光景にある意味ではふさわしい神秘的な輝きを放っていました。老人は何かを言いかけ、ふと視線を下に落とし、あっという顔をして水面に浮いていたビニール袋を自分のおちんちんにかぶせると、低くしゃがれた声で言いました。

「こんばんわ。わたしは池の精。またの名はサブロー。それ以上は聞かないで。ノーコメント。ところでおまえが落としたのはこの金の死体かな?」

するといつの間にか、老人の右側に金色に輝く死体が浮いていました。当然ながら見たこともない男性でした。わたしはちがうと答えると、老人はすかさずこう問いました。「ほほう…では、こっちの銀の死体かな?」

老人の左側に銀色の死体が浮いているのには気づいていたので、やっぱりそうくるか…と思いながらわたしはまたちがうと答えました。近所の借金こさえたまま行方知れずになったおっちゃんに似すぎているなとは思いましたが、そう答えました。老人の真ん前に浮いている、わたしが沈めた彼女の死体を見ながらそう答えると、老人はしたり顔になりながら「では、こっちの」「ちがいます」

自然と食い気味に答えていました。すると老人の表情がみるみるゆがんでいき、歯ぎしりをしているような顔になりました。でも歯がないので、まったくの無音でした。まじジジイ…と思い、少し冷静になり、この時点でようやく今起きていることの異常さに改めて気づきましたが、時すでに遅しのようでした。「ほほう…ならこの3つ、全部おまえにあげようではないか」という言葉だけを残し、ヌポポポポという音とともに老人は水面に消えていってしまったのです。増えた死体を前にがっくりと膝をついたわたしは…わたしは何を書いてるんでしょうか…

 

嘘の見抜き方(新潮新書)

嘘の見抜き方(新潮新書)