読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな恋のメロディ

ここだけの話、ゆり子さんのことはまだ秘密なのです。ひみつのユリコちゃん、オールカラーで脳内絶賛連載中です。ゆり子さんとはわたしがおつきあいしている女性のことであり、つまり石田ゆり子さんとは無関係なわけですが、CCC(Chokusetsu Chissu Complete)まで秒読み段階を迎えているのは間違いありません。というより間接チッス5回で直接チッス1回にカウントするわたしのルールではすでに3回はしている計算になりますし、ほっぺにチッスはクリア済み。正確にはクリアしてもらったと言わざるをえませんが。今のところゆり子さんペースで何もかもが進んでいるように見えるのは気のせいですおそらく。確かにお会いするたび、わたしに対する彼女のボディタッチ回数(※上半身のみ)は増えてはいますが、わたしのゆり子豆知識だって負けてはいない。爆発的に増えている。手をつなぐ際の不自然かつ無意味な予備動作も減ってきたと自負しております。ただ車を運転中、車検証入れを丸めて乳首ドリルしてきた時にはさすがのわたしも驚いて、ブレーキを踏んだ拍子にエアバッグではない箇所がふくらみました。「田中さん、ちょっと弱点が多すぎるのでは…?」とゆり子さんがガラパゴス諸島にしか生息していない動物を見るような目で見つめてきたので、髪の毛をくしゃくしゃにしてさしあげました。鼻を近づけて全力で吸い込みさえしました。頭皮から何かが出ているとしか思えないほどのナイスなパフュームにわたしのポリリズムがチョコレイトディスコしはじめましたが、情報統合思念体によって作られた対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェースより感情が欠落した声で「信号青ですよ…」と言われてすぐに我に返りました。お母さん、ごめんなさい。来世は使い捨てじゃないタイプのオナホに付属した中途半端に余りがちなローションとして生きます。

外食する回数が増えたり、ごはんをおかわりする頻度が減ったり、iPhoneの画面を見つめながらへらへらする姿を目撃されてたりもするので、もしかしたら怪しまれてはいるかもしれませんが、母の前ではとにかくゆり子のゆの字も口に出してはいません。勝手にお邪魔するのもあれなので一度ご挨拶させてくださいとお願いされようが、ゆり子さんが家に遊びに来る時は、スーパー銭湯もしくは姉夫婦の家へ父とセットで送還します。一言で表すなら母は、笑わせる気がない上沼恵美子のような人なのですが、秘密にしている理由はそれではありません。ゆり子さんの前で母がうっかり口を滑らせることを恐れているわけではないのです。まだ報告すべき時期ではない。ただそれだけが理由です。「結婚なあ。そんなもん、あんたの好きにしたらええよ。ゆうても相手がおれへんかったらしようがないからなあ。ウヒャヒャヒャ。ま、あんたはな、わたしらより先に死なんかったらそれでええわ。それよりあんた、風呂まだ入らへんの?」と言い続けてはいますが、「わたしが死んだらあの子、ちゃんと生活していけるんやろか…心配やわ…」と親戚のオババに漏らしていたと別のオババから聞かされたことがあります。本音のところはいつまでもふらふらしている阿呆な息子がよき人と契りを交わして早く落ち着いてくれたらなあ…と思っているにちがいありません。だからこそ変に期待させて、のちに落胆させたくないという気持ちが働いてしまい、なんとなく言えないまま今に至ってしまいました。でもゆり子さんのかわいらしさにびっくりする母の顔は早く見たいので、そろそろ潮時なのかもしれません。

時期といえばもうひとつ、いつ敬語をやめるのか問題もまだ解決の糸口が見えません。やはり、挿入後なのでしょうか?挿入中に敬語というのはさすがに変だとは思うのですが、個人的な事情により挿入してからはひたすらネグリジェ姿のIKKOさんを思い浮かべるなどしてなんとか少しでも稼動限界時間を引き延ばす必要があるためいっさいの余裕はなく、だとしたら挿入前に決着しておきたい。しかしながらわたしの恋愛知能指数ではどうすることもできない。最近では親しげな口調で言葉を交わすカップルを目にするたびに心の金属バットをフルスイングしています。自分らだけそういうのずるい。切り替えるタイミングを完全に見失ったままお互い敬語を使い続けているわたしの気持ちがわかるのか…?わかりませんよね…?でもゆり子さんはツッコミを入れる時だけ普段の感じになります。もしかしたら本人は意識してないのかもしれませんが、これがまた失禁するほどかわいい。「何ゆうてんのんもう」からの「田中さんのアホ」の破壊力、これはもう、実際に食らってみないとわからない。普段は敬語だからこそ生まれた高低差がかわいさをさらに加速させていく。この奇跡、普段は上から目線なのにエッチの時だけ甘えた声になる女性の非ではないです。これは動画でしか見たことないけどたぶんそう。あとわたしの薄いボケもだいたい拾ってくれるのです。好きです。若者のような勢いこそありませんが、起きてから寝るまでの間、まんべんなく好きです。堅あげポテトの匠味シリーズと同じくらい好きです。ぺったんこのスニーカーを履くようになったのは、わたしに気を遣ってのことでしょうか。でも中学・高校とバスケ部だったのは本当なんです。信じてください。毎日牛乳飲んでは毎日下痢してました。ぶら下がり健康器にぶら下がり続けた結果、胴長短足っぷりが増しました。努力はウソをつかないというのはウソです。全てが裏目に出てしまう人もいます。背が伸びないなら持久力だけでも…とみんなが体育館で練習中に1人で学校の周りを走ってたら車に轢かれて病院送りになることだってあるんです。

だからエッチの時に甘えた声になる係はわたしにまかせてほしい。

 

イルミナティ最高機密文書

イルミナティ最高機密文書