読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

左手を添えるだけ

手をつなごうとしたら脇腹ぐりぐりの刑に処されたわたしのその後の有様について頼まれてもないのに報告させていただきますが、月日が経つのは早いもので、ゆり子さんとはじめて会ってから1ヶ月半が過ぎました。ゆり子さんとはわたしがお慕いしている女性のことであり、家宅捜索する捜査員と同じ目つきでわたしの部屋を見なかった唯一無二の女性のことでもあり、つまり石田ゆり子さんとは無関係なわけですが、脳内ゆり子選抜総選挙ではいまや二人は完全にライバルです。他を寄せつけない圧倒的な強さを誇ってきたゆり子さんの前にある日、彗星のごとく現れたゆり子さん。見えない火花を散らす二人。彼女らが織り成すドラマティックな物語をただ固唾を飲んで見守るわたし。そういえば以前、二人のゆり子さんと夜の海をクルージング中に船が沈没して、一人乗りの救命ボートを前に頭を悩ませる夢を見たことがありました。目が覚めたのは午前9時すぎ。悲しい結末でしたが、三人で死ぬことを選んだ自分を責めることはできず、正義って何だろう…と思いながら出勤したところ、わたしの全身に上司の小言が降り注ぎました。無力さにうちひしがれたわたしは自席に戻ってからもPCの電源を入れることすらできず、ただiPhoneのアルバムから「世界遺産」フォルダを選び、川まつりでゆり子さんと一緒に撮った画像をひたすら見つめていました。すると巨乳の彼女と週3ペースでエッチしている後輩がやってきて、iPhoneを覗き込み、唇を震わせながら「ウソだろ…」とつぶやいたまま動かなくなりました。しばらくすると彼は、年長者に対する敬意が欠片も感じられないにやけ顔をしながら「田中さん、だまされてんちゃうんすか?」と口走りました。だまされてんちゃうんすか…とはどういう意味か?とわたしは首をかしげ、だまされてんとはだまされ10で、ラッセンっぽいラッセンではない絵などのこれまで女性に騙されて購入した品々を心に負ったダメージが深かった順に並べていくコーナーのことだろうか…という結論に達し、走馬灯のごとく次々に蘇る呪われた記憶を蹴散らしながら人差し指と中指で彼の両目を突きました。ゆり子さんを悪く言う輩とポテトサラダの中のキュウリ、あと掻き揚げの中のゴボウだけは絶対に許しません。見つけしだい上司の毛根とともに根絶やしにしますが、はたしてわたしは何の話をしているのでしょうか。続きですよね続き。ごめんなさい。前置きが長くなりました。

約800匹。ぷりぷり怒りながら脇腹をぐりぐりしてくるゆり子さんの愛らしさをポメラニアンの数で表すとこうなるわけですが、これ以上ぐりぐりされると寝ている小さな息子が目を覚ましてぐずりはじめるかもしれず(隠喩)、そうなるともうおっぱいが恋しくなるので(そのまま)、すぐにぷりぷりぐりぐりをやめさせたい。でもはたして何に対してのぷりぷりなのか…?まさかおなかがへりすぎて八つ当たりをしているとも思えず、だとしたら手をつなごうとしたのがお気に召さなかったのか…?だとしても「順番がちが~う!」とは何なのか…?わたしが何かしらすっ飛ばしているのか…?それとも昨日の夜、ハンバーグの後はわたしのデミグラスソースをごっくんですか…などと布団の中で薄ら笑いを浮かべていた罰なのか…?や、やめろ…やめるんだ…!わたしの中の気まぐれシェフがアワビのホワイトソースがけを作りたそうな顔をしている…

謝りたい。いろいろ謝りたい。理由は伏せたまま謝りたい。まずはとにかく機嫌を直していただかねば…と顔を引きつらせてちらっと隣を見たら、ゆり子さんがいませんでした。すぐ目の前にあるコンビニの中にいました。いつの間に?そしてなにゆえに?と不思議に思いながらじっと見てたら目が合って、すると手を振ってくれました。女の人が胸の横あたりで遠慮がちに小さく手を振る姿、かわいいですよね。でも残念なことに今日のゆり子さんは見たこともない変な生き物がプリントされたTシャツを着てたので、そいつが手を振ってるようにしか見えなかった。正直怖かった。彼女は小走りで飛び出してきたかと思うと、手に持った抹茶味らしきソフトクリームをうれしそうな顔でぺろぺろしはじめました。ぷりぷりの次はぺろぺろでした。ポメラニアンが1000匹に増えました。わたしはもうだめだと思いました。頭の中ではポメラニアンのみなさんが列を成して、生まれたままの姿で寝っ転がったわたしの乳首を順番にぺろぺろしはじめました。朦朧とする意識の中、手をつなぐのはナシで脇腹ぐりぐりするのはアリなのか…女の人の気持ちはわかりませんね…といういつもの結論に至りましたが、とはいえ今からおいしいハンバーグのお店に行こうとしているのにコンビニで買い食いするなんてどうかしているのでは…と我に返り、ゆり子さんといえどもこれはちょっと…ここはひとつ大人の男としてびしっと物申すべきだと決心したわたし。白いタンクトップ姿でおっぱいを揺らしながら砂浜を走る綾瀬はるかさんを想像して自分を鼓舞しました。「ゆり子さん、ちょっといいですか」と声を掛けながらちらっとまた隣を見ると、なぜか彼女はにっこり微笑みながら、ソフトクリームをこちらに突き出していました。そして尖ったものを人に向けるんじゃない!と思う間もなく、耳を疑うような一言をわたしにぶつけてきました。

「田中さん、一口食べます?」

このタイミングのKCC(Kansetsu Chissu Chance)は完全に想定外でした。身体に力が入らなくなり思わず膝をつくわたし。すると危険な女神の生足が視界に入り、前屈みになり、図らずも土下座の体勢になりました。両目は生足を捉えたままで、再びわたしはもうだめだと思いました。手をつなぐのはナシで脇腹ぐりぐりはアリで間接チッスもアリとはこれいかに。今すぐお会計して!と思いました。「順番がちが~う!」というその言葉、そっくりそのままお返ししたい。かつて前戯さんと呼ばれていたわりにずいぶん臆病ですねえ…と鼻で笑われるかもしれない。でもそれはちがう。たわいのない会話のひとつひとつさえもが全て前戯であり、挿入するまでの果てしない長さと挿入してからの一瞬の煌き…これがわたしの選んだ人生なのだから…と頭の中で誰にともなく説明しながら、でもどう反応してよいかわからず、うう…うが…と言葉にならない声を発していると、まるで試すように「ほれ?ほれほれ?遠慮せんでええぞ」とじりじり距離を詰めてくるゆり子さん。芸能リポーターのようにソフトクリームを突き出してくるゆり子さん。これ以上躊躇するのはかえって失礼にあたるのでは…と自分で自分に言い聞かせてぺろぺろしました。わたしはこれで人間やめました。そう思いながらぺろぺろされた形跡を狙いすましてぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろちゅぱちゅぱぺろぺろぺろぺろしました。あまつさえ口をつける寸前にニオイを嗅いだりしました。犯罪係数300超えの瞬間です。お母さん、ごめんなさい。来世はマウスの裏に付着した黒いカスとして生きます。なのに、ゆり子さんたらもう、わたしがぺろぺろしたのをぺろぺろしている…!これが噂に聞くKCR(Kansetsu Chissu Return)…!

このあたりからかなり記憶が曖昧なのですが、ハンバーグは食べたようです。シャツに小さな染みがついていたのでおそらくは。お店を出てからお城の近くの公園に寄って、石段に座ってお話をしたような気がします。「ゆり子さん。あのですね…ひとつ質問が…」「プライベートな内容はちょっと…」「まじめなコーナーです」「コーナー…」「いきますよ」「お願いします」「では」「はい」「わたしの気持ちはお伝えしたつもりなのですが」「はい」「ゆり子さんはわたしのことをですね…」「はい」「いや、わたしたちは世間一般でいうところのあれなのかっていう…」「はい?」「うう」「ちゃんと言わないとちゃんと答えられません」「ああん」「コーナー終了?」「…今日はもういろんな意味でおなかいっぱいなので終…」と途中まで口にしたところで突然ぐいっと引き寄せられて、あ~れ~となっていたら「何て言ってほしいんですか?」と耳元で囁くような声が聞こえてきた気がします。息がくすぐったくて、顔面温度が自分史上最高に上がって、あとめちゃくちゃ勃起しながら「…よろしくお願いします、でお願いします」「田中さん」「…はい」「わたしでいいんですか?」「はい」「ほんまに?」「ぜひ」「ふふっ」「くすぐったいですよ」「ここが弱点ですね」「ええまあ…いやそうじゃなくて…」「こんなんでよければ、これからもおつきあいしていただければと…」「…」「ふつつか者ですが…」「…」「黙るのはよくないのでは…」「…うれし死ぬところでしたので」「それは困ります」「走り回ってもいいですか?」「だめです」「照れますね…」「暗くてよかったですね…」「…自信がなかったんです」「もう!おじさんがんばって」「おじさん言うな」「おじさん顔赤いですよ」「…好きです」「ふふっ」

駐車場まで手をつないで帰りました。

 

ぺろぺろぺろ

ぺろぺろぺろ

 

 

広告を非表示にする