読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松崎しげるの辞書に「白々しい」の文字はない

先週の土日は東京におでかけしました。シロイさんと一条さんにお会いしました。新宿方面にて、両手に華でした。しおれてはいません。いないと言っておろうが。あと謎の人物が現れたりもしました。しりとり対決やらポケモンの名前当て対決を挑まれました。ふはははは、こしゃくなやつめ!と一蹴するつもりが、明らかに年上なのに負けてバカの称号を授かりました。おつかれさまでした。お別れして渋谷方面へ移動しました。夜は夜とてぎょうさんの、インターネットのひとびとにお会いすることになっていました。要するに、mm忘年会というやつです。盛り上げ役ではなく、平均年齢を上げる係としてオファーがあったと事務所からは聞いてましたが、それはさておき、モヤイ像とハチ公の見分けがつかなかった結果、ほんのりと遅刻しました。なんとか合流すると、死んだ牛の肉をごうごうと燃やして食べるお店へ押し込まれました。ちなみにここから先、数時間の記憶はほとんどありません。酒に飲まれたか、もしくは田中のカルピスサワーだけに何らかの細工が、例えば目薬のような液体がお店の2階から注がれていたか、どうにも粗相をしでかしてしまった感だけが拭えないのでそういうことにしといてください。インターネットにまつわる集いに参加するたびマイミクシィが減るのは避けたい。避けまくりたいのです。だから5キロ痩せる公約を守るどころか1キロ太ってしまったことも含めてぜんぶ、忘れてよ。でも小鹿さんの一挙手一投足については脳裏に焼きついております。モノホンの小鹿より小鹿さんのがかわゆいというのは都市伝説ではありません。秋葉原に小鹿喫茶を開店して一財を為したい。でもその前に謝ります。すみません。なんやかんやでお開きになりました。おつかれさまでした。


とはいえコンクリートジャングルに不慣れで、かつ方向音痴でおなじみの僕ですから、ネットカフェまでナビゲートしてもらいました。でないと立ち尽くして、彷徨い歩いて、いつの間にかいかがわしいお店でエンジョイ!ハッスル!やがてエクストリーム!のような形で有り金をはたいてしまうからです。ナビしてもらったお店がいい意味で正気の沙汰ではなかったため、住民票をここに移すかどうかで悩んだり、寝食忘れて漫画を読み漁りました。朝になり、丸坊主のくせに後ろ髪を引かれながらお店を出ると、昨日に続いて雨でした。どいつの日頃の行いが悪いのですか?と昨日お会いした人の顔を順ぐりに思い浮かべるまでもなく、最近休止したあいつに間違いありませんでした。どうか猛省していただきたい。本屋巡りは諦めて、ふごふごと帰ることにしました。ほっとしたのでしょうか、新幹線に乗るやいなや、気を失うようにして眠りました。そして起きると、そこにあったのは広島駅でした。もしかしなくても終点でした。わー。きゃー。でも終点が博多じゃないやつに乗ってるあたり、さすがは僕ちゃん!と前向きに捉えてみました。もちろんどの向きに捉えようがどうにもなりませんので、それなりの手続きを踏みつつ兵庫県の名もなき町に帰りました。やはり落ち着きます、ここは。人ごみが生まれるのは年に一度のお祭りの日だけなのです。その際に特攻服を着た若者が暴れて、いろいろ台無しにしてしまうのが常だとしてもです。スターバックスにドライヴスルーが設置されていても、恥ずかしがらないでいいんです。だから夕方までシティーハンターという名のパチスロを打ちました。するとまもなく、クリスマスが近いということで粗品が配られました。オリジナルデザインのボックスティッシュだそうです。しょうもないわりにかさばるものをまた…と正直なところ戸惑いが隠せないまま、1万円と2千円ほど負けて家に帰りました。コーヒーを淹れて一服したのち、いやらしいかいやらしくないかでいうと、ほとんど見えてしまっているDVDを見ながら左手で息子のご機嫌をうかがっていると、さきほどの粗品にピン!ときました。数分後、さっそく使いました。メリークリスマス!

思いがけない贈り物

思いがけない贈り物