読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

純川夏っぽくいうと、しげる崎松

更新頻度とかそういうのはもう、心底うんざりしているし、もはや更新頻度そのものに愛想が尽きました。思考回路は永遠の中二なれど年齢的にはすでにベテランの域に達して久しいわけで、あまつさえ内臓的には再検査要ですから、徐々に出場機会を失いベンチを暖めることが多くなるのも当然の有様です。肉ベンチ、そう罵られてもかまわない。むしろもっと強く。そして激しく。したがって暖める能力も相当なものだと自負しております。例えば職場であったかい缶コーヒーを買いに小走りしたとして、缶コーヒー以上に湯気が出てしまうのが僕です。数日前、冬が近づいていることを知りました。妙に肌寒いと思ったら、12月でした。そろそろ衣替えの季節だな。そう思いながら半袖のTシャツを重ね着しました。ファッションリーダーか、もしくはファッションリーダー(笑)です。カレーは飲み物であり、スイーツです。そんな小太りがこの冬イチオシするアイテムは、ずばりニットキャップに他なりません。髪隠しに遭われなすった人だけが重宝していると思ったら大きな間違いです。いわゆる顔面が時代を先取りしすぎているような、アバンギャルドとしかいえない顔立ちの人ですら、僕のような人ですら、目深にかぶれば不安要素をいくぶん和らげられるというとても便利なシロモノなのですから。ただ購入時にはじゅうぶんな注意が必要です。ニット初心者のおよそ9割が、奇抜な(派手な)デザインに心を奪われてしまうと聞いております。気持ちはわからないでもありません。またある意味において、そういったデザインをデコイに用いて視線を逸らせるといったムーブメントがかつて存在していたのも事実です。でもやはり、折り返しのついたオーソドックスなタイプがいいと思える日がいつか、訪れます。これをユニクロ界隈では「プラマイゼロ」とは呼ばないそうですが、例えばつばの付いたタイプをチョイスしたばっかりに、おかしなニックネームを頂戴することはあります。がまかつさんとかマタギさんとか。釣竿とか猟銃とか持ってなかろうがです。それから折り返しのついたタイプといえど、折り返しの部分が浅めのやつは絶対に避けていただきたい。これはもう1億パー死ねます。合コンにかぶっていったりすると、初対面の女子に「コンドームみたいですねその帽子」と絶賛されます。そうなるとこちらとしても、期待に答えないわけにはいかない。コンドームのようなそれを脱いで、財布に忍ばせておいたコンドームを人差し指にかぶせて、こんにちわこんにちわ!と腹話術めいた行為に走ります。挙句の果てには、ま、まあ、実際、僕のサイズもこんなんですけども!と取り繕おうとしますが無理でした。クリスマスの予定は埋まりませんでした。オフ会を催したくなるほどには空白です。目出し帽オフです。集合場所は銀行で、留置場を経由して解散します。釈放されるまでがオフ会です。

できる男は乳首で決まる

できる男は乳首で決まる