読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パリダカじゃないほうのラリー

駅裏のロータリーまで送りましょうかと言ってくれたのはちょいちょい職場に出入りしている印刷業者のおっさんでした。確かに待ち合わせの時間に遅れそうだった。んなもんでなるべく急いでくださいとは僕も言った。でも本気を出せとは言ってない。なのに車に乗り込むやいなやワイシャツのボタンを外し胸元をはだけてギャランドゥをさらけだしたうえにm-floさんとて尻込みするようなサングラスをグローブボックスから取り出して着用したおっさんは普段の温厚ぶりが嘘のようにこち亀の本田さんよろしく人格を豹変させるのでした。ザ・暴力運転。車間距離は常にセンチ単位を維持するチキンレースであり道路に存在するなにもかもに対して早押しクイズの解答者よりすごい勢いでクラクションを連打しはじめるわ交通量が少ないとはいえメキョキョキョッと後輪を滑らせながら交差点に突入するタウンエース(社用車)はあまり見たことがないし見たくもないしましてや乗りたくもなかったのにこの憎まれそうなカーチェイスはいったい。


リュック・ベッソン製作の映画みたいなのはやめてくださいという意味を込めて「なんつうか、日本人離れした運転ですね…」とやんわり非難して、非難したつもりがおっさんはまんざらでもない顔を一瞬浮かべたのち、後輪の滑りはさらに激しさを増していく。もはや横転寸前でした。おっさんの裏の顔が運び屋ならこっちは叫び屋なのでしょうが、お昼ごはんのカレーが喉元まで逆流していたため口を開くべからずでした。日本人離れしたナントカという言い回しは誉め言葉のように聞こえがちだけど、実はそうじゃないんだよと僕は言いたかった。例えば「日本人離れした顔をしていますね…」と誰かに言われたらあなたは微妙な気持ちになるでしょうし、あまつさえ「日本人離れした喋り方ですね…」と言われたらきっと怒るはず。通訳を雇っている場合じゃないのよ。そもそも日本人離れするのはよいことなのでしょうか。日本人が日本人らしくて何がいけないというのか。僕にはわからない。むしろ日本人離れから離れていきたい。日本人離れ離れしていきたい。でも唯一、おちんちんだけは例外。そこは日本人離れさせてください。ボブと呼んでください。それはさておきおっさんは、縦列駐車が苦手なのかロータリー内ではおっかなびっくりハンドルをさばいていました。

WASABI

WASABI