読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つとむさん

「そうそう、ちょっと名前忘れたけどなんちゃら国務次官補、あいつ最近調子乗っとるなあ。英語でうだうだゆうてるとこ、ニュースでしょっちゅう見るねん。だいたいな、テレビのやつらがチヤホヤしすぎとるのとちがうか。正味の話があんなもん、むっふう、なんにもたいしたことあらへんで。中川家のほうがよっぽどおもろいっちゅうねん。そやかてよう考えてみいな。これあんまり大きい声で言われへんねんけど、国務次官補ゆうても国務次官の補欠みたいなもんやろ。そんでその国務次官にしたって国務長官の補欠やんか、結局は。補欠の補欠て笑わっしょるなあ、外人は!おっきな図体しとるくせに、なにゆえ甘えん坊かおまえらは!そないに補われんとなんにもできひんのやったら、むっふう、今すぐ辞めてもうてもええねんでこっちは。代わりはナンボでもおるねん。なんやったらおれがやったる。英語あかんけどワープロとかごっつ得意やし、まあ、あとは根性でなんとかなるやろ。それにしても、これが国民性の違いなんやろか。外人の考えることはほんま、ようわからん。学校かて担任の先生がおって、むっふう、最近は副担任の先生もおるみたいやけど、いくらなんでも副々担任の先生はないわ。そこはナッシングやろ。さすがにそれはやりすぎやろし、日直の仕事なくなるし、がっかりやでそれは。PTAのぶっさいくなおばはんがブワー怒ってきよるでそれは。ていうかそもそもあいつの立ち位置って、むっふう、かなり微妙やな。ちょっとたとえが古いかもしれへんけど、コント赤信号でゆうたら国務長官がナベで、国務次官がラサールで、あいつ小宮やん?それって絶対に、あかんやん?メガネ繋がりやん?サブサブリーダーになってもうてるやん?たのきんトリオでいうたらヨッちゃんって終わってるやん?おまえがグッバイやん?」

世界の日本人ジョーク集

世界の日本人ジョーク集

  • 作者: 早坂隆
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2006/01
  • メディア: 新書

広告を非表示にする