読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出ぽろぽろ(と耳の穴からこぼれる)

両親にも学校の先生にも、あまつさえロールプレイングゲームの「主人公の名前を入力してください」というお願いにまで反発していた17歳の夏休み。尾崎豊になりたかった。でもデフォルトの名前のまんまでゲームを始めるようになると、尾崎にも勇者になれなくなっていた。つまらなくなって、ごりっと何かが欠けて落ちる音が聞こえて、地面が震えて、空はどんよりと曇り、動物たちは盗んだバイクで走り出して森からいなくなった。僕はひとりで立ちすくんでいた。欠けた部分、脇腹がやたらとむず痒かったのでぽりぽりと掻きむしってたら、どんどんと欠けていった。しばらくすると痒くなくなって、何も感じなくなった。おちんちんを触っているとき以外は何も感じなくなった。でもそれでよかった。就職して社員証というものを貰ったので、勇者の証はもう必要ではなかった。わざわざ仲間を集めて旅に出なくても、誰かが毎月決まった日に、僕の口座にお金を振り込んでくれるようになった。がんばろうが、がんばろうまいが、振り込まれる金額にたいした違いはなかったし、モンスターの代わりにひたすら自分を殺し続けるだけでよかった。ペンは剣よりも強くて、ペンよりも強い武器は愛想笑いだった。だいたいの場合はなんとかなったし、なんとかならない場合は謝った。「キョーチョーセー」という謎の呪文を唱えると、そこいらの忍者よりはうまいこと気配を消すことができた。仕事中に会社を抜け出してパチスロを打っててもばれなかったけど、さすがにそれはびっくりした。しかも4万負けって。


ああ、はてなダイアリーアワード2006のために今年を振り返るはずが、振り返りすぎた。しかも会議中だろ。ひたすら無言で何やってんの。俯いているのに上の空って死んだらいい。と思ったら、目の前に中島美嘉さんがいた。あ、違った。ピカチョウだった。あんまりにも険しい目つきでにらんでるからそういうメイクに見えただけだった。よく見たら頭禿げ散らかしてるし全然似てねー。というわけで前置きが長くなりましたが、そろそろアワードをはじめましょうか。合言葉は「飛び散る汗!飛び散らせるよトラックバック!」です。今決めました。

1. 2006年度で面白かったダイアリーを教えてください(上限5つ)

2. 2006年度に投稿されたエントリの中で、面白かったものを教えてください(上限5つ)

3. デザインの優れていたダイアリーを教えてください(上限3つ)

4. はてなダイアリーで開催された企画の中で、面白かったものを教えてください(上限3つ)

  • レッスルコロシアムで錣山親方と角盈男さんが相撲対決

5. はてなダイアリー重大ニュースを教えてください(上限5つ)

ひとこと

1については仕事中に読んでいて何度も死にかけたところを3つ。id:shusaiさんとid:mihomihomihoさんは去年のアワードでも挙げさせてもらいましたが、もうね、アンテナで更新されてるのがわかっただけで薄笑いを浮かべてしまうくらいに好きです。気持ち悪くてごめんなさい。id:acmeさんは違う世界の出来事のようなオモロオソロシさを感じるところが病みつきになりました。というわけで僕の中ではいずれも星3つなんですけど、そういう意味では一条さん(id:AyanoIchijo)にも星3つをあげたい。ただこっちは夜のアワードなので、しょっぱいエロ本なんかによくある星マークなのであしからず。乳首やらチョメチョメを隠すほうのあれです(どうぞご利用ください)。2についてはどう考えても5つに絞りきれそうになかったので、アタマオカシイ系から5つ。セーフかアウトでいうと、たぶん全員アウトです。中でももっしゅさん(id:superartlife)については早く病院に行ったほうがいいのでは…と心配しています。ちなみに今年一番はらわたが煮え繰り返ったエントリはコレでした。図鑑にも載っていないようなキノコをご馳走したくなりました。3についてはダイアリーそのものではなくて、id:coyanさんの、公開デザインに登録されてるやつを。コメントを書きたくなるデザインというアイデアがすばらしいと思いました。というか和む。4については戦う前のメンチの切りっぷりがすごかった記憶があります。5については単純にびっくりしたというか、まあどうでもいいです。スルー力より経済力のほうがたいせつだとは思います。今年もたくさんのおもしろい日記をタダで読めてよかったです。ありがとうございました。なので来年も、何かを犠牲にする勢いでもりもり更新してください。

アマチュア無線のアワード

アマチュア無線のアワード

  • 作者: JARLアワード委員会
  • 出版社/メーカー: 日本アマチュア無線連盟
  • 発売日: 2004/05
  • メディア: 単行本