読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚の国から’06

A「おなかへったー」
B「ぼくもー」
A「腹が減っては戦はできぬ、って昔のひとは言ってたらしいよ」
B「戦とかしたことないけどね。豚だし」
A「なら今から関ヶ原の戦いごっこしてみる?」
B「無理。今動いたらたぶん2秒で死ねるから」
A「死因は何かと問いたい。ボケる方向で」
B「即死なだけに…ショック死だろうね」
A「やっちゃったね」
B「空腹でいいボケが思いつかなかったということでひとつ」
A「ところでキミ、最近太り気味って噂されてるけど…」
B「実は2ヶ月で25キロ増えてしまいまして…」
A「いくら豚でもそれはご法度なのでは…」
B「ぼく、関ヶ原の戦いごっこするよ。ぼく、がんばってみるよ」
A「おお、やる気になった」
B「豚を本気にさせるってことがどういうことか教えてやるさ」
A「腹が出てては戦はできぬ、とも言ってたらしいよ昔のひと」
A「ちょ、それ初耳すぎ(笑)」
B「拙者、逃げ遅れて候(爆笑)」
A「拙者、後ろからバッサリ斬られて候(爆笑)」
B「そしたら今度は食卓に出陣しちゃうかも(爆笑)」
A「勝ってもないのにトンカツにされちゃう僕たち(爆笑)」
B「皮肉な話だね…」
A「でもこの養豚場にいる限り、いつかは食べられちゃうんだよね僕たち…」
B「うん…」

ぶたぶたの食卓

ぶたぶたの食卓

  • 作者:矢崎存美
  • 出版社/メーカー:光文社
  • 発売日:2005/07/12
  • メディア:文庫

広告を非表示にする