読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通報しないでください

ドンドンドンッ!ドンドンドンドンッ!(ドアを叩く音)
ん?犬連れてチャリンコにまたがったおっさんが。ん?なんか前にもこんなことがあったような…。


「はーい、どちらさまでしょうか?」(ドアを開ける)
はてなポリスの近藤がまた来たでー!」「ワンッ」
「まじかー(そういや前回はひどい目に遭わされたよな…)。つか何の用ですか?」
「脅したとか脅されたとかで通報があったねん。そやからまた家宅捜索じゃボケ!」
「たぶん来るとこ間違えてますよ…」
「えへへ。ここに来る途中でな、大熊しばいてきたった(^^)」
「唐突に衝撃発言はやめて!」
「そやかてさすがにコレは調子に乗りすぎやろ」
「確かにそうですけども」
「まあワシも咥えられるんは嫌いじゃないんやで。それは認める」
「ぼくも嫌いじゃないです(^^)」
jkondoのJは自分探しのJやでー!」
「ま、まさかこの前のアメリカ出張も…」
「うふふ。チャリンコでアメリカ横断してきたった!はてなの竹本くんって呼んで!」
「キモい。つか今気づいたけどしなもんさん、一回りでかくなってません?」
「うん、まあ、いろいろあってな。今はうちの嫁はんが中に入っとるねん…」
「えっ!えーっ!最近話題の自演じゃないですか!」
jkondoのJは自作自演のJやでー!」
「開き直った。このひと開き直った」
「そうそうhatenacinnamonかて重複アカウントやしね!っていらんこと言わせんといて!」
「そろそろ本当に怖くなってきました」
「お二人さん、ちょっとええかな?」
「あっ!分熊信士さん!」
「お取り込み中のところ悪いんだけどね、信士ね、最近ご立腹なの。なんでか聞きたい?聞きたい?むしろ言わせて!みんなが信士のことをいっぱい日記に書いてくれてるのねここんとこずっと。それってすごくハッピーなんだけど、まあ大半は信士のこと誉めたりしてないし、ただの無茶な要望なのよね…。例の注目エントリ絡みの。でもね、要望は要望として受け取るつもり。信士はね、やっぱりラブアンドピースなブックマークでありたいと思うから。ステキブックマークの略がSBM、そういう信士でいたいの。でもね、一つだけ言わせて!要望書いてくれてるエントリでね、注目エントリとホッテントリがテレコになってたりするにがたまにあるの。3userでホッテントリとか書いてあるのよね。もうね、信士ガックリ。もっと信士のことよく見てよ!更新する前に推敲ぐらい遂行して!注目エントリにエントリされるエントリって注目エントリエントリエントリってややこしいわもう!10月のくせに汗ばむわもう!」
「いや、あの、勝手に押しかけてくるなりうまいこと言うたったみたいな顔されても困るんですけど」
「お黙り!それより近藤さん、こんなザコを相手にしてる場合じゃないと信士は思うのね」
「そやなー。そろそろ田中いじりも飽きてきたしなー。なにせツッコミが普通すぎる。致命的に普通。普通じゃないのはそこの棚に並んでるエロDVDのジャンルだけ!」
「それは言うなって。制服モノは外せませんって。つか最近更新するのが辛くて苦痛で苦痛でもう…」
「泣き落としに持っていくところが簡単すぎるというか普通すぎると信士は思うのね」
「畜生、お前らなんか死ねばいいのに」
「うわ、脅しよった!こいつ脅しよった!」
「信士こわい!」
「クゥーン」
しなもんまで被せてこなくていいから…」
「もうこいつはどうでもいいや。んじゃあ分熊くん移動するで!今度はアルファブックマーカー狩りやっぞ!はっ!やっぞ!」
「信士ガンバ!」
「ワオーン!」
「まずはlaisoからじゃい!」

「落とし」の技術 いかにして、相手の本心を見破るか

「落とし」の技術 いかにして、相手の本心を見破るか

  • 作者: 北芝健
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2004/07
  • メディア: 単行本