読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老人ホーム

老人ホームあけぼの荘に米良美一が慰問に訪れた。
ピアノを弾きながら歌唱指導する米良。
米良「それじゃあみなさんいきますよ〜。『はりつめた弓の』」
老人達「♪はりつめたーゆみのー…」
米良「『ふるえる弦を』」
老人達「♪ふるえるつー…げほげほ」
米良「『月の光りにざわめくぅ』」
老人達「…つきのひげはげはっ!」
米良「元気がないですよぉ、『おまえの心』」
老人「げはっ、げはっ。」
むせ返り咳が止まらない老人達。
米良「『砥(ト)ぎすまされたー』、…♪とぎすまされたー」
痰で呼吸ができなくなり顔が紫になる。
米良「♪かぁなしみのと〜いかぁり〜に〜」
数人の老人が床に倒れ乾いた咳を繰り返している。
米良「♪ひそむまことのこぉこぉろ〜をしぃるぅわ〜」
その様子をみた老婆が不安になり泣き叫びだす。
米良「♪もりのせい〜」
部屋で鳴る響く無数の咳、嗚咽、外から聞こえてくる救急車のサイレン。
米良「♪もぉのの〜け〜たち〜だぁけぇ〜」
もののけ達だけ。

広告を非表示にする