逆はてなシュラン

食というものに全くこだわりがありません。なさすぎる。これはもう、食にこだわりがないことにこだわってるといっても過言ではありません。静止している寿司より回転している寿司の方がおいしいと感じるし、脂の乗った大トロとかどこがおいしいのかさっぱり分からない。ちなみに自分が一番好きなネタはサーモンです。上にマヨネーズと薄く切られた玉ねぎがこんもり盛られていればなおよし。あと、もっとわからないのがフグ料理です。てっちりなんかはまだ食べれないこともないけど、てっさは最悪。薄いから。掛布雅之さんぐらい薄いから。ポン酢の味しかしませんが。舌の感覚が麻痺しているのかしら。でも幼少の頃からたぶん人並みに、もしくはそれ以上に食べさせてもらっていたような気はします。他人の家のメニューを目にする機会もそれほどないので比較しようもありませんが、学生時代に作ってもらっていた弁当は、友達よりもおかずが多かったような記憶があります。むしろ必要以上に豪華でした。母親の見栄とか意地とかそういうものがかなり含まれてたのでしょうけど。弁当で思い出しましたが、母親が作る卵焼きは甘いやつだったのでそれが普通というか卵焼きはそういうものだと思い込んでて、高2ぐらいの時に付き合ってたひとに弁当を作ってもらったことがあって、その卵焼きがしょうゆ味というかいわゆるだし巻きというやつで、一口食べた瞬間、軽いカルチャーショックとともに吐き気が込み上げてきて、このひとはなんて料理がへたくそなのだ!こんなひとと結婚したら大変なことになるぞ!仮面夫婦になるぞ!と訳の分からない心配をしました。あの頃僕は若かった。今はだし巻きも全然食べれるようになりました。ごめんなさい。そういえば、高校生の頃なんかはお昼休みに弁当を食べて、なおかつ午前中の休み時間に食堂で定食を食べてたのですが、なんであんなに腹ペコだったのか。部活終わったらみんなでお好み焼き食べて、家に帰ってから普通に晩ごはん食べてたし。育ち盛り、というわりには全く背が伸びなかったのも含めてよくわかりません。ほぼ毎日のように牛乳2パック飲んでたのに。おなかちゃっぷんちゃっぷんしてたのに。もしかしたら体内にサナダムシを100匹くらい飼ってたのかもしれません。惜しい。あと1匹多かったら101匹サナダムシちゃんだったのに。何を書いてるのか分からなくなってきましたが、結論としては、自分は人間の三大欲のうち食欲がかぎりなくゼロに近いので、その分が性欲に上乗せされているのではないかと思っています。でないといろいろ説明つかないことが多すぎます。カップヌードルと、どん兵衛と、あとボンカレーがあったら僕は死にません。

天才料理少年味の助(1)

天才料理少年味の助(1)

  • 作者: 宗田豪
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/03/17
  • メディア: コミック

広告を非表示にする